レースカーテンリメイク キッチンスポンジの作り方



お部屋の窓には、外からの視線を遮るためレースカーテンを付けている方が多いと思います。



部屋が散らかってるから、見られると恥ずかしいですしね。



いや、そんなに散らかってないですよ。

洋服のハンガーラックが部屋に出ているので、散らかっているように見えるだけです。


そのレースカーテンですが、早ければ数年で劣化してきてしまいます。



あまりもたないんですね。


材質にもよりますけどね。

毎日直射日光を浴び続けてるし、薄いから、寿命は短いです。


レースカーテンもそのまま捨てるのはもったいないので、リメイクしてみましょう。

何が作れるか家の中を見渡してみると、キッチンスポンジのネットが似たような感じだったので、キッチンスポンジにリメイクすることにします。



材料を用意しましょう




中のスポンジをどうしようか考えたのですが、ホームセンターでウレタンフォームを買ってきました。

これ1枚で32個作れます。

キッチンスポンジって、5個入りで100円位で売っているので、あまり節約にはならないかもしれませんが、エコではあるので良しとしましょう。



キッチンスポンジの作り方




レースカーテンとウレタンフォームを切ります。


レースカーテンは20cm×15cm位に切ります。

割と適当で構いません。

レースカーテンは、劣化が激しいと手で押し広げただけで裂けてくるので、そこまで状態の悪いものはH&Mに持って行くなりして、処分しましょう。


ウレタンフォームは縦4等分、横8等分で切ります。

市販のキッチンスポンジに比べると、ちょっと小さい位になりますが、使う分には問題ありません。





レースカーテンをウレタンの幅より1cm位大きい幅で折ります。

レースカーテンの切った大きさにもよりますが、大体三つ折りになります。

端の半端になった分は、外側に出しておきます。

中表にしますので、折り返した時に半端分が内側になるので、見栄えがいいです。





上を返し口に開けておいて、外周をミシンで縫っていきます。





返し口から表返します。





半分位めくってウレタンを詰めます。

レースカーテンに引っ掛かって、ちょっと詰めにくいですが、ウレタンを半分に折って入れてから広げると入れやすいです。





スポンジを入れ、余った部分を内側に折り込みます。

あまり厚くなると、縫うのが大変ですので、1回折り込むだけで大丈夫です。





折り込んだ部分をミシンで縫って完成です。


ウレタンフォームをもう少し厚いものにしたバージョンも作っていて、そちらはお風呂洗いに使っています。


1枚のレースカーテンからかなりの数が作れますので、いろいろ作ってみるといいかもしれません。



捨てるレースカーテンがあったら作ってみてくださいね。



関連記事

0 件のコメント :

コメントを投稿